ナイマンズ 系譜
ナイマンズ 系譜
 
ナイマンズの歴史は1870年にドイツ系ユダヤ人ルートヴィヒ・A・ウィルヘルム・L・メッセル(1847−1915)がイングランドに移り住み、
1890年、ウェスト・サセックス東部のハンドクロスに600エーカー(73万4千坪)の土地を購入したことにはじまる。
 
メッセルの息子レナードとその妻モードは邸宅を後期テューダー様式ふうに建てかえ、作庭にあたっては北に庭を広げ、さらに植物の種を
収集するためヒマラヤ、南米へ旅したという。庭園は1930年代の一時期、定期的に一般公開された。
 
画像上から右へ順にウィルヘルム・メッセル夫妻、息子レナードと嫁のモード。2組の夫婦がナイマンズの礎を築きあげた。
ナイマンズ
ナイマンズ
 
1947年、ナイマンズを襲った大火により邸宅の大部分は焼失した。のちに部分的な修復を施されたが、邸宅は現在も屋根がない。
1953年、レナード・メッセルが死去、同年ナイマンズはナショナルトラストに寄贈される。
 
1987年の暴風雨で庭園はみる影もなく損壊したけれど、建物が損壊を免れたのはさいわいというべきである。
 
ブライトンからA23を北に28キロ進むとハンドクロス村の標識が見える。その手前にナイマンズ「Nymans」の案内板が立っている。
ブライトンから北へ一本道なので迷うことはない。
 
 
ナイマンズの入場料は12ポンド(2017年8月現在)
ガーデンの営業時間は 10:00−17:00
ハウスの営業時間は 11:00−15:30
 
ローズガーデン
ローズガーデン
ローズガーデン
ローズガーデン
ハンカチの木
ハンカチの木
 
敷地面積73万坪は1000坪の730倍。ここから見渡す丘陵と森、そして視界に入らない森林公園など広大というほかない。
 
ウォールガーデン
ウォールガーデン
ウォールガーデン
ウォールガーデン
ハウス
ハウス
ハウス
ハウス
ハウス
ハウス
モードの肖像画 1920年代
モードの肖像画 1920年代
 
モードはメッセルの息子の奥方。
 
ハウス
ハウス
ハウス
ハウス
 
この窓、京都市左京区鹿ヶ谷にある「和中庵」の窓によく似ている。
 
ハウス
ハウス
ハウス
ハウス
 
ここは中庭に面している。
 
ハウス
ハウス
中庭
中庭
ボーダーガーデン
ボーダーガーデン
 
ボーダーガーデンには一年草と多年草の花が混じり合って植えられている。
 
森林公園の案内図
森林公園の案内図
森林公園
森林公園
森林公園
森林公園
森林公園
森林公園
森林公園
森林公園
森林公園
森林公園